気持ちの切り替え方

今回、気持ちの切り替え方をテーマにお話しします。

ガンガンの貯金箱からお金の取り出し方をご存知だろうか。缶切りを使わずに。私は知っている。何に役に立つか。他人の貯金箱からこっそりくすねるということができてしまう。バレずに。これをここで話してしまうと、模倣犯が増える。そして、私は麻薬の栽培方法をネットに載せた罪人と同じ刑に処されるかもしれない。だから、言わないのだが、これを編み出した若干10歳の天才少年がいた。そう、当然私である。親の貯金箱をカモにしていた。最初は五十円とかで満足していたが、くすねるお金は3桁を超え、4桁に達するころに現場を取り押さえられ御用となった。ちゃんと叱られ、ちゃんと後悔し、そして反省した。1週間はウダツの上がらない気分で下校していたのを覚えている。そんなメンタルずるずるの甘ちゃんだった自分が、いまでは、沈む気持ちを翌日どころか1時間後には切り替えることができる大人になってしまった。そんな成長の中で培った技を模倣していただきたい。

 気持ちの切り替えはなんと言っても、時間が全てを解決してくれる。福山雅治が結婚した。ショックで仕事を休んだあのころ。今では、佐藤健にラブコール。嫁の気持ちの変化に理解ができない。時が解決してくれるということ。デートでうっかりおならがでちゃった。穴があれば入りたいと赤面していた青春時代。妻になった彼女を目の前にちょっとした挨拶がてらにおならをする。時が解決してくれる。時が忘れさせてくれるのは理解はできるんだけど、それ以外の方法が知りたい。ということですよね。時に逆らい自力で切り替える方法があるんです。心を曇っている状態から晴れにする。そんな虹のような話。それをお話しします。

結論 水に解決してもらう

 気持ちの切り替えが必要に至っている。その状況を整理すると、ドラクエの文字が白から黄色からオレンジ程度。つまり、落ち込んで本気で立ち直れないという瀕死の状態でなはなく、「凹む〜まじ凹む〜」という沈み度70%の状態。ドラクエの例えはハマっていただけただろうか。HPが0になると文字が赤になる。HPやばいよというのが黄色とかオレンジで表示となっている。例えを説明しないといけないって、例えとしてダメだよね。が、ドラクエやってた子たちの気持ちを鷲掴みしたくて書いちゃいました。
仕切り直しで別の例えでわかりやすくいうと、”お前しかいない!”の状態でふられるのではなく、付き合って、”なんか、私たちうまくいかないね。別れよっか”と3年付き合った人と別れるくらい。それが沈み度70%。
FXで入れたお金のデットラインまで下がってコンピュータによる自動的なカットで決済されるのではなく、「もうこれ以上はもう…」と塩漬けにちょい入っているギリギリのラインで自ら損切りをやっ決済するくらい。それが70%。
仕事で言うと、重要な内容を取引先に連絡するのを忘れており、当日になって、上司から例の件よろしくと言われて、はっと思い出し、会社にも大きな損害を作ってしまった。というくらい。約70%。
こういった状況。過ぎてしまったことだから忘れようというのはわかっているが、やっちまった〜。かなり凹みます。そういった状態。

 具体的解決方法の説明になるが、まず、乱れた気持ちのままだと、何をしても切り替えるのは難しい。赤の上に青を塗っても紫になるだけ。青空にしたのであれば、心を沈め精神を落ち着かせなければならない。具体的に、滝に打たれます。いきなり滝ですか!?水は、不思議な力がある。生命の根源であり、煩悩を取り払う。そういった不思議な力があるそうだ。水を触れることにより、頭の煩悩から解き放たれ無の境地から心を静寂にすることができる。
 次に、食すこと。悩むことによりホルモンのバランスが崩れる。バランスを戻すには十分な睡眠と正しい食事。気持ちが沈むと食欲も落ちる。気持ちという内側からのアプローチでも上がらないのだから、食事という外部からの刺激にたより、回復するという手段になる。
 最後に、娯楽である。趣味や楽しみ。

よく言われているのは、寝て忘れる、趣味で気分を切り替えると言われるが、それではやはり紫になるだけである。リセットするに必要なのが滝行。どうしても滝行に話を持っていきたい。なぜか。それは、私が経験したからで、そして、効果が抜群だからだ。滝に向かう時、正面からふく風と水しぶきに怖さを感じた。周りの学生は面白体験としてキャッキャと思い出作りの真っ最中のなか、私を含め数人は身に纏うオーラがラオウ。思うところがそれぞれあったのでしょう。
で、「え〜滝行って、いきなりハードル上がるし。」冗談で言っているのではない。ほっといたらウネウネと。思うところがそれぞれあったのでしょう。「え〜滝行って、いきなりハードル上がるし。」冗談で言っているのではない。ほっといたらウネウネと。そして、ウジウジと考えてしまうくらいの精神状態で誰にでもできそうな優しそうな情報に効果があるのか。その考え甘い。ゴリゴリと切り替える。力で切り替えるのだから、それなりの武者になる必要がる。それが滝行である。え?近くに滝がない?お金と1日を使って、旅行気分で県外に出ればいい。それくらいの価値があなたの70%の凹みにはある。

まとめると 虹を見たいなら、晴れるのを待てばいい。が、力尽くで、どうしても虹を見たいなら、滝行に行けば、本当に普通に見られるよ。

関連記事

  1. やる気の出る食べのも

  2. 仕事に慣れてきた人に起こるやる気が出ないとき

  3. 夢と目標の違い

  4. 夢を諦めた方がいいのか?

  5. 早起きは3文の徳

  6. 情報の断捨離