あなたに覚悟はありますか?そう聞かれるとビビりますよね。

いや、覚悟はちょっとなぁ。ですよね。
「たぶんあると思うんだけど…」
これですよね。
わかります。
「やりたい気持ちはあるんですが…」
分かります。

と言うとでも思いましたか!
だから、できないんだって。
決断力のない人はダメですって!

決断することは、リスクがかかります。

「投資を始めよう!でも、ちょっとお金なくなるのが嫌だな。でも、楽して増やしたいな。」とか
もっと分かりやすいところで話すと、
「あの人が好きだぁ。告白しようかなぁ。でも、ふられたら嫌だなぁ。」
ばかでしょ、これ。早く告白してしまえ!傷ついても大丈夫だよ。そうやって大人になっていくのだよ。と言うのと同じ。投資始めようかな。ちょっとくらいお金なくなってもいいじゃん。また仕事して増やせばいいじゃん。
分かりやすい説明ですね。

「納得は、できるけど…」
お金はなくなるリスクがある。告白して傷ついてもリスクはない。という人。うだうだと屁理屈でも並べながら迷っている人。優柔屁理屈王子の大馬鹿ものが!
 迷うっている”時間”もリスクなんだって。アマゾンとかヤフオクとかで「同じ商品なら100円でも安く!」と検索して、30分。バイトすれば、30分で500円くらいはいるでしょうが。時間もリスクなんだって。

別に、投資を進めているわけではありません。ちなみに、私は投資はしない。という意思決定をしているので、悩む時間は0です。

中途半端はいかん。

私の思う「覚悟がありますか?」の一般的な最適解は
「覚悟はある!」
でよし。私も、コーチング中に聴きくときがあります「覚悟はありますか?」
この答えも、「はい、あります」と言っていただければ結構。
できなかった時にはどうなるか。もちろん詰められます。
「お前の覚悟はそんなものだったのか?」と。
ここで反抗的な態度は禁止されています。上官には服従なので。
心の中でこう思っていただければ結構。
「お前の思っている覚悟と、俺の思っている覚悟を一緒にするな」と。顔に出さず心の中でよろしくお願いします。
素直になりすぎても、社会は生きていきません。心の中では舌を出すくらいでちょうどいい。

関連記事

  1. なるほど、行動の一歩目としては上出来な言葉だ

  2. バチと違う角度からの見方

  3. やる気を下げない戦法

  4. 「がんばれ」を腫れ物のように扱うのは間違いである

  5. 悩む角度と順番が違うから転職ができない

  6. 悩みの解決方法としてコーチングはありか?