こけないための計画か、立ち上がるための計画か。

やる気の出る人の名言ってある。私が好きなのは、松下幸之助の、「こけたら、たちなはれ」。わかりやすいし、立ち上がることを前提に書いてある。世の中、自己啓発のような机上の空論(私が思うに)が蔓延る世の中。私は世の中を失敗を前提に生きている。だから、「こけたら、たちなはれ」が痺れる。

歳をとって、「なるほど、失敗から学ぶことの方が多い」という考え方になってきている。昔は、キラキラの「夢を描こう!そして、それを逆算して、計画を立てよう!」これ、やってたねぇ。これ、うそじゃね?と思った。経験上、それを逆算して計画して、それどおりになった試しがない。私の場合ね。そう、私の場合だけど、そんな経験している人は大勢いると思うのだが。計画が甘いのか、それとも、このメソッド自体に誤りがあるのか。さてさて、どっちでしょうか。
 失敗って、なるべくしてなる。というか、「あぁ、これが原因だったね」と明確にわかることが多い。根拠がある。が、成功って、いろんな偶然や運が重なることもあり、明確にはその答えはわからない。そんなこんなで、失敗学というものの方が成功学よりすぐれているのではないか。と思ってきている。そこでだ、失敗学系の書庫を探すのだが、まぁ、少ない。成功体験はキラキラで書きやすいのだろうし、この気持ちを人に伝えたい。よけいなことに、「あなたもこっちの世界へいらっしゃいよ。」的な文でつづったりする。お前がいるところが全員にとっていいと思うなよ!すげーと思われてると思うなよ!本当に余計なお世話じゃ!とあなたはいいたいのですよね。あなたのせいにしてみました。で、失敗って恥ずかしいじゃん。それを本に綴るなんて誰もしたくない。売れなさそうだしね。そういったことから少ない。と分析している。
 失敗したくない!と成功したい!。どちらがやる気になりますか?当然、成功したい!の方がやる気が出る。では、失敗したくない!と成功したい!というのは、どっちが行動に移しやすいですか?行動に移すのは失敗したくない!の方ではないかと思う。
 ネガティブな要素からの方が人間行動するのではないか。公務員なんてその典型で、リストラや、給料が下がる可能性もある正社員より、とにかく失敗しない安定の職である公務員が人気なわけで。失敗したくないという理由で、投資より銀行にお金を預けている今があるわけで。お金を稼ぐ!って仕事頑張る人より、借金やばいんですけど!という理由で仕事頑張る方がゴイゴイ感が出るわけで。
 だから、「夢を描こう。そして逆算して、計画を立てよう!」メソッドは、ただ、気持ちがいいだけのメソッドなのではないかと。夢は叶わないメソッドである。と言っていいと思うんだよね。だって、それでうまくいった人はごく一部の人。それを紹介しているセミナー講師であったり、どこぞの社長だったり。
 「じゃぁ、お前、それだけいうなら、何かいいアイデアがあるんでしょうね!」と無責任に否定するだけの人間になりたくないので、代案としてこう言ったものはどうだろう。
 「夢を描く。そして、これやれば叶わないだろう。というものを書く。そして、それをしない。」このメソッドはいかがだろうか。じゃぁ、何も行動しなくなるじゃん。となる。かと思いきやそうはならない。テレビをみない。とかけば、そこに何か代わりに埋めようとする。その開いた時間にyoutubeみるという行動に出たら、youtubeみない。とする。そして開いた時間に寝る。となったら、寝ない。と書けばいい。おぉ、まるで禁欲生活みたいだ。賢者になるつもりはないので、私生活はおいといて、ビジネスならば、部下の話をちゃんと聞く。ではなくて、部下の話を無視しない。とか、前年比の105%上げる。ではなく、105%を下げない。そのためには、これしちゃだめ。あれしちゃだめ。みたいな感じ。
あかちゃんには、やっちゃだめ。ばっかり教えるでしょ。人間の基本は「禁止」から始まって、生きていくための基礎ができる。起業したばかりの会社は赤ちゃんみたいなもので、新入社員もあかちゃんみたいなもの。会社も仕事も一緒で、潰れたら終わりだし、リストラされたら終わり。継続という生き続けないといけない。とするならば、「禁止」から学ぶ。失敗学から学ぶがいいのでは。
 修正能力学という学があってもよいかと。みんな、「計画通り進むことなんてない」とわかってる。計画とはうまくいくことがない。と知りながらそれでも計画を立てて成功する猛者がいる。計画うまくいかなかった。終わり。ではなく、この後の修正能力が神ってるのでは。もしくは、修正まで頭に入れて計画を立てているのでは。AプランだけでなくBプランをメソッドに組んでいる。失敗を前提に計画を立てているということか。それであるならば、みんなが大好き「夢を叶えるために書こう!」このメソッドをただの叶わない綺麗事メソッドとして終わらせるだけではなく、進化せせることができる。どのように修正するかと言うと、「夢を描こう!そして、それを逆算して、計画を立てよう!なお、計画を立てるときはBプランまでよろしくね。」とすれば、素晴らしいメソッドになるのではないか。夢を描くことでモチベーションは上がるし、そこには失敗学まで取り組んであり、それ通りになる確率が高くなっている感じがする。

まとめると、上手くいかなかったときのBプランについて。私のBプランは決まっていて、それは、「人のせいにする。」である。具体的に、”この記事を読んで楽しんでもらえる”がAプランであるなら、Bプランは、”あなたの読解力が悪い”となる。

関連記事

  1. マズローの5段階欲求のように、エバリンボ3段階というのと考えてみた

  2. 気持ちの切り替え方

  3. また、きっと怒られるが、でも、叩かれてでも書きたい。から書く。

  4. メンターに対する正しい知識

  5. 老人が老害にならない方法。きっと老人の考えの一部が嫌いなんだよね

  6. 人生を楽しむ方法