悩む角度と順番が違うから転職ができない

私は、転職はした方がいいという派閥に属しています。転職できない人がいるようです。リスクを極端に避ける日本人にとって、誰もが納得でしょうが、日本生まれの地球人である私から言わせていただければ、そういった考えは、ミジンコくらい小さいリスクであると言わざるを得ない。
 転職できない理由は1つしかなくてそれは
不安
だよね。
今の職場を円満に退職できるかという不安
転職先の人・社風になじめるかどうかという不安
これまでの経験・スキルが通用するかという不安
やりがいを感じられるかという不安
などなど。
不安を解消できれば転職というイベントを楽しむことができるようになるのに、もったいないです。ジェットコースター、怖いよ〜と不安になっている彼女がいたとする。乗ってごらんよ!面白いから!という彼氏と同じように私はこういう。転職しようよ!と。そうあなたに今この記事を通して声をかけているのです。
 もし、あなたが彼女であるとして、乗りたくないと言っているのに無理やりのせようとする彼氏を、あなたは、どう思うでしょうか?乗りたくないって言ってんじゃん!似たシチュエーションとして、歌わないって言ったじゃん!とカラオケでの会話のようです。
転職が楽しいイベントであることが理解できないかもしれませんが、転職に乗ってみると、もう一度乗りたい!と思いますよ。ジェットコースターのように。きっと。
話を戻しますが、不安だから転職できない。人それぞれ不安が違います。人によってはいくつかの不安を抱えていることもある。が、本当は不安の種類なんてない。1種類の不安しかなく、それを複雑にしたい脳が不安の種類を増やしてごまかしているだけで。不安の種類とは何か。それは、

しかありません。白石断言します。いろいろ考えるから不安が膨らみ、地蔵のように動かなくなります。
「これまでの経験・スキルが通用するかという不安」とか「やりがいを感じられるかという不安」とかまずはどうでもいい。そうなったらまた転職すればいいだけのこと。

金なんです。あなたが転職を不安に思っている理由はこれしかないだ!

それだけを考えればいい。これまたいろいろ考えるから複雑になる。世界にはルールがある。

付き合いたての恋人が世界で一番可愛く、かっこよく見える。そのまま結婚して歳をとった頃に、「あれ?違った」と気づく。という世界のルールがある。
人はなぜ生きるのか。楽しむため。それ以外にない。辛ければ人生を自分で終わらせてしまう。
仕事は何のためにするのか。と言われたら、金のため。他の、やりがいだの何だのは、付属品であり、金のためじゃないという綺麗事たっぷりのあまちゃんは、ウニとアワビをあげるからあっちに言っといいたくなる。当然、金をもらえないのは仕事ではない。

という世界のルールがある。認めよう。
金とは、つまり給料である。
転職先の給料とにらめっこ。納得いく給料のところに転職するだけ。

転職を迷っているのならば、今の給料を考えて、嫌なこととその給料を引き算して我慢できるなら転職なし。
嫌なことが給料で治らないのであれば、転職する。
転職先でまた給料と嫌なことを引き算して、我慢できるなら転職なし。Noなら転職。つねに引き算。嫌なことがない就職先なんてないって。よくて、今の”嫌”が軽減されるくらいだって。
「仕事コロコロ変えて大丈夫かしら?」大丈夫!時代が今はそれを許してくれる。
ここまでちゃんと仕事というものを理解する。

まとめると
「やりがいがどう」といった不安から考えるのではなく、給料から考える。考える順番を変える。
転職先の給料が大体同じだった時にその比較として、会社の仕事内容であったり、やりがいだったり、よこしまにも女性職員の割合をみてやる気をだしてもいい。

関連記事

  1. 早起きは3文の徳

  2. 努力は人に見せるがいいかどうか

  3. 気持ちの切り替え方

  4. 結局準備不足で「あ〜やるきがな〜い」と言っているにすぎない。としたら

  5. メンターに対する正しい知識

  6. やる気を下げない戦法